顔のたるみの原因

年齢を重ねるにつれて顔のたるみというのはどうしても気になってきますよね。顔のたるみというのは、筋肉がゆがんで起こってくるものです。

目の下のたるみ、まぶたのたるみはどうしてなるの?頬のたるみの原因は?という声をよく聞きます

みなさんはは顔のたるみ防止や対策としてどんなことをされていますか?私のやっている方法とコツをお話しちゃいます。まず、顔にはさまざまな筋肉があり、それが表情を作っています。総称して「表情筋」といいます。そして顔には表情筋が40種類以上も存在していて顔全体に張り巡らされています。

年齢とともに真皮層にあるコラーゲン、エラスチンなどの成分が少なく(T.T)なってきます。無くなって来ると顔のハリが失われてくるんですね。このお肌の「ハリ」が失われてくると、表情筋を支える力が無くなり、表情筋がダラリと垂れ下がってきてしまうというわけですまた年齢を重ねてくると顔の筋肉そのものが少しずつたるんできます。これが一般的に「たるみ」と呼ばれておりますわものになりますわ。その顔にできたたるみに「折じわ」が出来てしまうと「しわ」になってしまいます。
また、コラーゲンとエラスチンは加齢によって自然と減ってくるものですが、でしょうからと言って若い方も油断してはいけません。ここまでに申いたしました内容につきましての成分は紫外線でも破壊されてしまいます。そういうケースは最近とても多く見られます。若い方で外に出る機会が多い方は特に気をつけたほうがいいかもしれませんね。また、皮下脂肪の重みに、筋肉や皮膚が耐えられなくなってしまうために、たるみというのは起こるので、太る事により顔のたるみといいますのは発生してきてしまうのですの。それとは逆に、太っておりました人が急激に痩せてしまうと皮膚が余ってたるんでしまうということもありますですので、急激にダイエットをして体重を減らすと仰るのはあまりお勧めしません。

トップ > 顔のたるみの解消・対策・改善 > 顔のたるみの原因

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。